WordPressの過去記事をランダムで投稿するプラグイン Tweet old post を使ってみた

最近、本業の方が忙しくって自分のサイトをいじる暇がない。
そんなわけで投稿するネタもなかなか作れず、ブログの更新が滞っている。
そんな状態をごまかす改善するために、過去記事をランダムで投稿するプラグインを入れてみた。
私自身、他の人のブログの過去記事でも、ツイッターで流れてくるとついつい見ちゃうので、
これで少しでもアクセス数が伸びればと言う下心もあったり、なかったり。

この手のプラグインは色々とあるみたいなんだけど、
日本語化されているのと、きめ細かい設定ができそうな感じからTweet old postを採用。

Tweet old post

日本語化パッチはこちら。
@mekemoke

プラグインのセットアップは、通常通り「/wp-content/plugins/」ディレクトリに解凍すればよし。
日本語化パッチをその上に上書きすれば、日本語化も完了。
セットアップして、設定画面を開くとこんな感じ。

 

Tweet old postの設定画面

 
最初、twitterの認証がうまくいかずに悩んでいたんだけれど、
画面上部に出ていたアドバイス通り、WordPressをいったんログアウトしたら問題なくできた。
後はこまごま設定して、最後に「今すぐツイート」で確認してみる。

 

 
うまくいった感じ。
これで、ブログの更新をサボっても、過去記事でお茶を濁せる感じになったかな。

ちなみに設定時に気をつけるポイントとして、
「リンクを含める」を「含める」にしておく事。
こうしておかないと、ブログへのリンクを掲載してくれなくて、残念な事に・・・


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL