Sublime Text 2でよく使うショートカットのまとめ

個人的によく忘れてしまうので、備忘録的な感じで。
ちなみに、Windows版です。

一般

よく使うもの。普通のエディタと違うのは、何も選択していない状態だと行単位で有効になると言う事。

Ctrl + c  コピー
Ctrl + x  切り取り
Ctrl + /  コメントアウト
Ctrl + ]  インデント
Ctrl + [  インデント解除

 

行単位編集

こちらもよく使う。イチイチ行を選択しなくていいのが嬉しい。

Ctrl + Shift + k  行削除
Ctrl + Shift + d  行のクローン作成
Ctrl + Shift + ↑  上の行と入れ替え
Ctrl + Shift + ↓  下の行と入れ替え

 

範囲選択

単品でと言うより、コメントアウトやDelキーと組み合わせて使うかな。
Ctrl + dは後述のマルチカーソルでその威力を発揮する。

Ctrl + d  単語選択
Ctrl + l  1行選択
Ctrl + Shift + Space  スコープ選択

 

マルチカーソル

Sublime Text 2の便利機能。これがあるから離れられない人も多いはず。
複数選択状態で編集すると、全ての選択内容が同時に編集できる。

Ctrl + マウスドラッグ
選択状態で Ctrl + d  次の同一単語を選択
選択状態で Ctrl + u  同一単語の選択を1つ解除
選択状態で Alt + F3 (Macの場合はCmd + Ctrl + g)カーソルのある場所の単語と同一単語を一括選択

 

コマンドパレット

スニペット(snippet)やハイライト(syntax)の変更など、色々使えるコマンドパレット。
イチイチ、マウスに持ち替えなくていいのが嬉しい。

Ctrl + Shift + p  コマンドパレットの起動

 

ジャンプ

一般に含めてもいいんだろうけど、組み合わせもあるので分けてみた。

Ctrl + G  ジャンプウィンドウの起動
ジャンプウィンドウで:行番号  行番号へジャンプ
ジャンプウィンドウで@シンボル  シンボルへジャンプ

 

Goto Anything

ファイルを探したりする手間を省けるGoto Anything。

Ctrl + p  Goto Anythingウィンドウの起動
Goto Anythingウィンドウで:行番号  行番号へジャンプ
Goto Anythingウィンドウで@シンボル  シンボルへジャンプ

他にもなんかあったら、随時書き加えていきます。


この投稿へのコメント

  1. a said on 2013年11月4日 at 15:06

    もうすでにご存知かもしれませんが、
    Windowsにおける同一単語を一括選択機能は、
    alt + F3 でいけます。
    (ver 2.0.2)

    • doop said on 2013年11月6日 at 09:58

      おぉ、そうでしたか!
      ありがとうございます!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL