wordpress-bootstrapの設定項目の追加方法

SEO対策やらgoogle Analyticsやらいいねボタンやらで、google Analyticsのトラッキングコードを
テンプレートファイルにベタ書きだったのを思い出して、テーマに設定項目を追加しようと思ったところ、
めちゃめちゃ簡単で、感動した!!
拡張される事を前提に作ってあるんだろうね。

今回、こんな感じの設定画面を作ろうと思っていた。
Google Analyticsのトラッキングコードの内容をそのまま設定項目にコピペするだけ。

GoogleAnalyticsSetting

設定画面の項目がoptions.phpにある事は、grepしてなんとなく突き止めたので、
その中を確認してみると・・・全ての設定項目が連想配列で設定されてる事が判明。
試しに、その連想配列にこんな感じで追加してみる事に。

// Google analytics設定追加
$options[] = array( "name" => "Google Analytics",
					"type" => "heading");
					
$options[] = array( "name" => "Google Analytics Tracking Code",
					"desc" => "",
					"id" => "google_analytics_tracking_code",
					"std" => "",
					"type" => "textarea");

これだけで、上のような設定画面ができてしまった。
しかも、登録機能も実装済み。
後は、トラッキングコードを表示したい場所(今回はfooter.phpに挿入)に以下のように記述するだけ。

<?php
	// Google Analytics Tracking Code
	$google_analytics_tracking_code = of_get_option('google_analytics_tracking_code');
	echo $google_analytics_tracking_code;
?>

所要時間15分。
簡単すぎる・・・
拡張性を考えた設計やら実装は、自分も仕事柄よくやるけど、
ここまでわかりやすくて使いやすいのは、そうはお目にかかれないかも。
ちなみに、上記はVer2.0の場合。
最新版でもそうは変わらないとは思うけど。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL