呼吸が止まる

今日は休診日だけれど、いつものように病院に。
ウチと同じような重傷患者と一緒に待合室で待っていると、
急にしゃっくりのような呼吸をはじめ、治まったと思ったらそのまま動かなくなる。

慌てて、他の患者さんを診ていた院長達に声をかけると、診察を中断して駆けつけてくれる。
聴診器を当てると、顔色を変え、
「心停止してる!蘇生するから奥の部屋(手術室)に運んで!」と叫んだ。

手術室に運ぶと、院長がすぐに心臓マッサージを始める。
助手の先生が酸素の準備をし、心マを交代。
すばやく院長が気管挿管し、人工呼吸器につなぐ。
ほどなく、心拍は戻ったが、自発呼吸は復活しない。

15分ほど待っただろうか、突然「ピッ」と人工呼吸器から音がした。
院長が「おっ」と声を上げる。この音は自発呼吸するとなる音らしい。
それでもしばらくは安定しなかったが、さらに10分ほど経つと呼吸が安定しだした。
ただ、意識はほとんど回復せず。
脳のダメージが進行したかもしれない。との事。
いつも通り、点滴と投薬して帰宅する事に。

今日は一日ぐったりしていて、ご飯はあげられず。
ますます体力が失われていくけれど、どうしようもできない。

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL