血液検査結果は良好なのに

日中は、嫁がご飯を上げつつ、苦しそうなら酸素を吸わせる。
呼吸は楽になったようだが、食欲はあまりないらしい。

夜、病院に行こうと酸素吸入機のケージから出すと、
ふらふらして立てない様子。
病院に今から行くと電話し、病院へ急ぐ。
待合室はそれなりに混んでいたけれど、優先的に診てくれた。
待ってた人すいません。

病院で純酸素を吸わせてもらうと、意識ははっきりしたようでそこまで問題はなさそう。
フルで血液検査をしても、血糖値以外はほぼ正常値。
これだけ大量(通常量の約2倍)にステロイドを投与しているのに、
内臓に影響がでてないのはすごい事らしい。
呼吸や嚥下しづらいのは、おそらく食道から胸のあたりに腫瘍があり、
それが大きくなってきているのではないかと言われた。
(レントゲンを撮っても、影に隠れて腫瘍は見えず)
皮膚の傷の回復を優先するため、先週からステロイドを減らしていたが、
そのせいで腫瘍が動き出している可能性がある。
と、言う事でステロイドの量を元に戻す。
その後、点滴とインスリンを0.5mlだけ投与してもらい、帰宅。

家に帰った後、3時間値を図ると血糖値が低血糖ギリギリまで下がっていた。
慌ててブドウ糖を与える。
血糖値が乱高下しだしたのは、腫瘍が動き出したせいなのだろうか?

この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL