Git、Redmineを利用したWeb開発学習用の課題を考えてみる

学校

自分のブログ開発環境も安定稼動をはじめ、ひと段落してしまった。
正直言ってやる事があまりなくなってしまったので、新しい事を始めてみる。
せっかくどこからでもアクセスできるGitとRedmineができたので、
それを利用して、以前から考えていたWeb開発の学習課題を作ってみようと思う。

学習課題を作ろうと思った経緯

私は普段Web系の開発をしているけど、
一緒に働いているメンバーのWebに関する理解度が低いと感じる機会がしばしばある。
これらはフレームワークを利用するだけで簡単に開発できてしまう状況や、
既存プログラムをコピーして手を加えればいい状況でしか開発してこなかったことが原因だと考えた。
そこでフレームワークを利用せず、
ゼロからWebシステムを開発できる簡単な課題をこなしていけば
理解度を上げられるんじゃないかと思っていた。

どんなWebシステムにするか

開発するWebシステムはそれほど難しい仕様でなくともよいが、
一般的によく実装される仕組みは一通り実装できるようにしたい。
そこで、以下のようなシステムを考えた。

  • DBに登録されたユーザー情報を元にログイン/ログアウトをする機能
  • 登録されたユーザー情報を検索し、一覧表示する機能
  • 検索結果が多い場合を考慮したページネーション機能
  • 非ログイン状態からサインアップすることにより、ユーザー情報を登録する機能
  • 一覧から選択したユーザー情報を編集/更新する機能
  • ログイン状態からユーザー情報を新規追加する機能

これらの機能を少しずつ実装していく形で開発を進める。

課題にする上での留意点

  • DBやCSSに関してはあらかじめ用意しておき、ロジック部分のみを実装する。

    DB設計やスタイルシートに関しては別テーマとし、あくまでWebの仕組みに集中させる。

  • 課題は細切れにチケットとして登録しておく

    課題を受ける人はチケットをひとつずつこなす事でシステムを完成に近づけていく。
    せっかくRedmine使うんだしね。

  • 言語はPHPを利用

    正直、ウチの会社だとPHPはあんまり利用しないんだけどね。
    ただ、Javaだと開発環境や実行環境を用意するのがなかなか手間だったりする。
    PHPならエディタとXAMPPさえあれば簡単に開発環境も実行環境も用意できる。
    課題がある程度軌道に乗ったらJava版を作ってもいいし。

ある程度形になったら公開します・・・たぶん。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL