環境作成の覚書き

開発が一段楽したんで、WordPressやその他のプラグインのバージョンを最新化するついでに、
環境をイチから構築し直す事にしたら、これが結構、手間取った。
忘れないように、手順を残しておこう。

今回の前提。
ApacheのDocumentRootを変更
DBも名称を変更し、イチから作成しなおし。
※こうする事で、DocumentRootを元に戻せば、旧環境を参照できるようにしておく。

1.WordPressの最新版を解凍し、配置。
2.wp-config.phpを元ネタからコピーし、
 不要な部分(マルチサイト設定、WordPress MU Domain Mapping設定)をコメントアウト
3.空のDBを作成し、その内容をwp-config.phpに反映
4.Apacheのhttpd.conf、httpd-ssl.confのDocumentRoot、Directory設定を修正
 (DocumentRoot、Directoryを修正していなければ必要なし)
 ※httpd-ssl.confは二つあるが、”conf/extra/”の方。
5.WordPressにログインし、インストール
6.インストール後、マルチサイト設定を行う
7.ネットワーク設定画面で、初期設定言語を「日本語」に変更
8.更新不要なプラグインを旧環境からコピー。
 更新が必要なプラグインは、最新版をダウンロードして配置。
 それぞれ有効化する。
 ※WordPress MU Domain Mappingを配置する際は、sunrise.phpを忘れずに。
9.Welcart用のサブサイト作成。
10.WordPress MU Domain Mappingで、サブサイト用にマッピング設定。
 ※基本設定は、IPアドレスを設定するだけ。その他はデフォルト
11.WelcartのSSL設定。システム設定の「Use SSL」をON。
 「WordPress のアドレス (SSL) 」、「ブログのアドレス (SSL)」はSSL時のURLを設定。
 ※カートページ、会員ページがSSL化されている事を確認。
 ※アクセス権エラーが出る場合は、httpd-ssl.confの修正が間違っている。
12.Admin SSLを設定。「Secure my site with SSL 」をON。
 「Additional URLs」に「wp-admin/」を追加。

以上かな。
結構、手順が複雑だな。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL