AWS(EC2)にJenkinsをインストールする

ALMiniumっぽくするのならJenkinsも必要かと思い、インストール。
正直、Jenkinsはそれほど利用したことないけどね。
ま、便利そうだし。

 

Javaがインストールされているか確認

$ yum list installed|grep openjdk
java-1.7.0-openjdk.x86_64

 

Jenkinsをダウンロード

$ sudo wget -O /etc/yum.repos.d/jenkins.repo http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins.repo

 

公開鍵のインポート

$ sudo rpm --import http://pkg.jenkins-ci.org/redhat/jenkins-ci.org.key

 

jenkinsをインストール

$ sudo yum install jenkins

 

jenkinsを起動

$ sudo service jenkins start
$ sudo chkconfig jenkins on

 

8080ポートの開放

EC2のセキュリティグループより、インスタンスに設定したセキュリティグループを編集し、
8080ポートを開放する。

 

接続確認

ブラウザで8080ポートに接続してJenkinsのダッシュボードが表示されればOK。
ポートの開放を忘れてて、ちょっとはまった。
けど、それ以外は特に難しいところはナシ。

ちなみに、jenkinsはインストールしただけだと
誰でもなんでもできてしまうのでとても危険。
グローバルセキュリティの設定で、ログインユーザの設定をきちんとしておくこと!!

本当はRedmine、Gitとの連携もやっておきたかったんだけど時間切れ。
続きは次回。

 


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL