AWSを無料で使っていたつもりが、いつのまにか課金されていた・・

久しぶりの投稿。
以前言っていたとおり、どこからでも使えるRedmineとSVNが欲しくなった件。
新しいレンタルサーバーもいいけど、AWSもある程度までなら1年間無料で利用できる事が判明。
どうせなら勉強にもなるしと、AWSのアカウントを取得した。

AWSの利用方法についてはネットでも色々出回っているし、
内容も頻繁に変わるようなので、ここでの説明は割愛しておく。

で、いつの間にか課金されていた話。
EC2で作成した仮想サーバはStart/Stopでアドレスが変わってしまう。
開発中とは言え、せめて固定IPが欲しいと思い、Elastic IPsを設定した。
これはEC2サーバと紐付けしている限りは無料との事だったので、
それならいいだろうくらいに思っていた。
が、翌日確認したところ課金されてる・・・。
なんでじゃー?

Billing Management Console

 
 
どうもEC2を停止している間はElastic IPsがEC2と紐付いていないと判断されたっぽぃ。
う~ん、まさかそんな落とし穴があるとは・・。
ま、2セントぽっちどうでもいいんだけど、
これ気づかずに時間が過ぎてたらちょっと恐いね。
無料枠を超えるとアラームがなるようにできるらしいんで、近い内に設定しよう。

AWSで無料枠を超えた時にアラートを飛ばす

 
他にもまだはまりそうな箇所はあるけど、それはまた別の機会に。
 
 


この投稿へのコメント

  1. 秀とmo said on 2015年4月13日 at 13:44

    aws直接じゃなくrightscaleっていうフロントエンドから使ってます。
    eipは他のインスタンスにホイホイ付け替えたりしますからね。落としてたらそら紐付いてないっすわ。

    あとgitにちょっと慣れてきました。いいっすよ

    • doop said on 2015年6月6日 at 15:20

      おぉ、コメントくれてたのね。
      気づいてなかったわ、スマン。
      ま、考えてみれば当然なんだけどねー。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. […] 前回の続き。 […]

トラックバック URL