どこからでも使えるSvnとRedmineが欲しくなった

普段は一人で自宅で開発しているので、ソース管理なんかは自宅PCにsvnを入れてやってるんだけど、
有志を集めて多人数でシステム開発がしたくなり、どこからでも見れて、更新できる環境が必要になった。
ついでに、チケット駆動開発を本格的に利用するに当たり、Redmineも導入したい。

普段使ってるのは「さくらインターネット スタンダードプラン(500円/月)」。
ここにRedmineとsvnをインストールすればいっか。と、思っていたのだけれど
さくらのスタンダードプランでは利用できるRailsに制限があり、Redmineを使うにも色々苦労しそうとの事。
じゃぁどうすっかなーと思い調べたところ、Redmineを標準で利用できるレンタルサーバーを発見!

サーバーカウボーイ

しかも激安!(396円/月)
個人的に利用している環境と分離する意味も含めて、こっちと契約してみるかな。

さて実際の契約は今度の3連休にでもするとして、環境を用意したらやりたい事。

1.SvnとRedmineのインストール
2.最初に決めたいルールやタスクの登録
3.コミットされた環境が自動で反映されるテスト環境の構築

当面は要件を整理したりタスクを整理したりだから、3は後回しでもいいかな。
プロトタイプ作成してコミットしたら、Web上ですぐに見れるようにはしたいけど・・。

ちなみに、作りたいのは社員管理用のWebシステム。
具体的には

・勤怠管理
・旅費、交通費清算
・スキル管理(スキルシート連動)
・査定
・給与計算

なんてのをWeb上でやりたいなと。
もちろん、いっぺんに作るんじゃなくて徐々に時間をかけてね。
最初は勤怠管理だけだったんだけど、
どうせ社員情報を管理するなら色々ひとつできるようにしたいと思ったり。
さて、どうなる事やら。


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

  1. やろうとしてる事を整理してみる | doop said on 2014年11月8日 at 18:40

    […] 前回の続き […]

  2. […] 久しぶりの投稿。 以前言っていたとおり、どこからでも使えるRedmineとSVNが欲しくなった件。 新しいレンタルサーバーもいいけど、AWSもある程度までなら1年間無料で利用できる事が判明 […]

  3. […] 本当はALMiniumのインストールが終わって一息ついてから書こうと思っていたネタなんだけど、 インストールに思いのほかてこずっているので・・・ […]

トラックバック URL