WordPress3.7にバージョンアップするも、バックグラウンドの自動アップデートは解除する方法

久々のWordPresssネタ。
暫くバージョンアップをしていない内に、3.7までバージョンアップされていた。
ちょっと時間もあったので、久々にバージョンアップなど。

ただ、Ver3.7より自動バックグラウンド更新機能が導入された。
セキュリティ上の重要なアップデートなどを自動でやってくれるありがたい機能・・・なんだけど、
ウチみたいに(意味も無く)ソースのバージョン管理をしているサイトでは
勝手に本番環境のソースをいじられるのは困るわけで、機能を無効にしておく必要がある。

デフォルトで自動更新の対象となるのは(メンテナンス・セキュリティのための)マイナーリリースおよび翻訳ファイルで、
これらを無効にするにはwp-config.phpを編集する必要がある。

と、言ってもそんなに難しいことはなく、以下の記述を追記するだけ。

define( 'AUTOMATIC_UPDATER_DISABLED', true );

なお、自動更新には

  • コアファイル更新
  • プラグイン・テーマ更新
  • 翻訳ファイル更新

の4種類があり、これらごとに自動更新設定の可/不可を設定できる。
詳細はこちら。
自動バックグラウンド更新の設定

ちなみに、wp-config.phpみたいに、本番環境とテスト環境で記述が異なるファイルは
修正する際に細心の注意が必要・・・なんだけど、毎回凡ミスで失敗する。
今回も本番環境が一時動かなくなって、ちょっと慌てた。
ここいらへん、みなさんどうしてんでしょうかね?


この投稿へのコメント

コメントはありません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

この投稿へのトラックバック

トラックバックはありません。

トラックバック URL